整理収納 伝える事と伝わる事

こんにちは。
大阪・北摂・茨木市・高槻市
暮らしも思考も整える
整理収納アドバイザー + アクティブ・ブレイン・セミナー認定講師
かとう あこ です。
この度、職場で以前繋がったご縁から
日本文化を学びにいらした中国の方たちに
整理収納についてお話させていただきました。
確かに!
「整理収納」は日本の文化かもしれません。
「整理整頓」 「3S」 「改善」も
もはや
日本語ではなく世界共通語になっています。
この度の中国の方々は、経営者の方が多く
持ち物、生活スタイルも(メイドさんがいるくらい)私のような凡人とは違います。
ですが、お伝えするのは「整理収納の基本」について

資料は中国語でつくってみました
Google翻譯さま、本当にありがとうございます。
もちろん
通訳の方もいらっしゃいます。
京都の会場でした。
会場へ向かうまでの
電車の中も外国の方が沢山いらっしゃいました。
妙心寺、通り過ぎていきます。
講座の内容は
「整理すること、収納すること、その手順とポイント」
私は私の言葉で、精一杯お伝えしました。
それが通訳の方の言葉で伝えていただき
そして
それを受け止めるのは聞いている方。
どれだけ、伝わっているのか不安でしたが

終わった後は、皆様
「さっそく整理してみる!」
「モノを持ち過ぎていることに気づいた」
「収納用品ばかり買わず、まずは何を入れるか考える」
などなど、感想をいただきました。
よかった。
ちゃんと伝わっていました。
伝えることができても
それが伝わっているかが問題。
沢山の外国の方が日本にいらしてます。
日本の私たちが本当に伝えたいコトが
きちんと伝わっていますように!

 

Follow me!