記憶力UPのトレーニング

「記憶力よくないんですよ」という言葉よく聞きます。

私も自分のことそう思っていました。

でも、記憶力を良くしようとおもったら
トレーニングで良くすることもできるのです。

アクティブ・ブレイン・セミナーを始めて受講したのは、5年前。

パーソナルカラーアドバイザーの勉強をしている時に、160色の色の名前をなかなか覚えられず
「早く覚えたい!」と思い受講したのがきっかけでした。

「覚え方」を知ったあとの暗記はらくちん。
160色をするする暗記できたことに驚きでした。

その後「覚える楽しさ」を知ってアクティブ・ブレイン・セミナーの認定講師になったのです。

年齢に関係なく、覚えたいモノは覚えられる。

これを体感したくて2年前に、アクティブ・ブレイン協会で開催された「記憶力エキスパート・コース」に参戦。

1000点満点で800点以上とると、アクティブ・ブレイン協会の講師として記憶マイスターの称号がいただけます。

記憶力が良いという訳ではない私には準備が必要です。

よし!800点をとろう!おねがいと思いトレーニングを開始。

テスト内容は
イメージ連想・100ケタの数字記憶・50人の顔と名前覚え・文章記憶・カタカナ記憶・架空年表記憶・トランプ記憶。

時間をつくってコツコツと家で練習

100ケタ数字覚える練習はコツを覚えるとどんどん早くできます。

カタカナの国名とか国旗なども覚えてみます。

AKBメンバーの顔と名前を憶えて見たり

2018年版 AKB48名鑑

ランダムに並べたトランプの順番を覚えたりしました。

もともと そんなに記憶力はよくない私。


でも!結果は!1000点満点で901点とりました!
今回の参加者の中で優勝。

今回、色々な記憶の練習などしてみて気づいたことが4点あります。

①記憶力が悪くてもトレーニングでスキルアップできる

②自動的に記憶力は良くならないので、準備が必要

③なぜ記憶力良くしたいのか?なぜ準備するのか自分で目的をハッキリさせる  
(試験に合格する為とか仕事の効率をあげる、とか人それぞれですよね。)  
※今回の私の目的は記憶マイスターになるためです。

➃やると決めたら諦めないで集中する

この4点でした。

もしも、学生の時にこのことに気づいていたら、私の人生は変わっていたかもしれません。

良い大人がこんなに必死になって、試験受ける訳でもないのに、、とも思いました。

でも記憶することで、世界もひろがり知識の土台ができてきます。

なにより、この地味な準備をしている最中がとても楽しい時間でした。

人は単純に「こんなふうになりたい」の為に毎日がんばっているんですね。

記憶マイスターになった講師仲間と記念撮影

ただし、記憶の定着には「反復」は必要。

覚えたモノを使わずに放置していると、「忘れる」という時期はきます。

「忘れた!」って思っても、大丈夫。

一度頭にいれたモノはゼロから頭に入れるモノよりも

ずっと早く簡単に覚えることができます。

このサイトをフォローする!

    次の記事

    収納用品を選ぶとき